2018年7月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

横山町問屋新聞

「横山町問屋新聞」で著書が紹介されました。
東京・日本橋界隈のタブロイド紙です。

ご紹介していただいている
「アサーティブ・毎日が清々しくなる20の心得」は、
文庫本なので手軽に読んでいただけますよ。

出版社の文芸社さんからは、電子書籍化のお話も進行中です(^-^)v
ホントにありがたいです。

2013. 02. 09

覚悟の瞬間(とき)

2月1日から「覚悟の瞬間(とき)」に登場です!
著名人の方が、頻出しているので
「覚悟の瞬間(とき)」はご存知の方も多いのではないでしょうか。

取材のお話をいただいたとき、
「私でよいのでしょうか???」というのが率直なところでした。

取材時に感じたこと。
それは、あらためて“聴く”が侮れないということ。
私も、常に人の話を“聴く”ことには、かなり注力しているつもりですが
今回インタビューを受けて、
“聴く”の切り返し方が絶妙なことに感心しました。
私の“聴く”は、「掘り下げる・発展させる」聴き方なので、
話し手の言葉を反復したり、そこから深堀していくことが多いものです。
でも、インタビューでは、「それでは〜」「続いて〜」と
実にテンポよく、話の角度が切り替わり「引き出す」聴き方なのです。
ん〜、勉強になりました。
早速、実用してみます。

さて、「覚悟の瞬間(とき)」
もちろん私以外にも、今旬の安倍総理をはじめ、
政治・芸能・スポーツ・文化・ビジネスなど、
活躍されている方がたくさんアップされていますので
新たな価値観や気づきに出会えるかもしれません。
是非一度ご覧ください。
http://www.kakugo.tv/

2fced91dfb0e6397e74eafe6198a676f.gif

2013. 02. 01

ドリームゲートアドバイザー

新年早々のブログにもアップしましたが、
“ドリームゲートアドバイザー”= ドリームゲートプロジェクトのアドバイザー
になりました。

ドリームゲートプロジェクトとは、経済産業省の後援を受け、
2003年4月に発足した起業家の皆さんをサポートするものです。
税理士・会計士・弁護士・中小企業診断士・ITコンサルタントなどなど、
起業家の皆さんの課題や悩みどころを解決するためのプラットフォームです。

これから起業する方たちだけではなく、
起業したけれどうまくいかない、もっとよくしていきたい
などの相談にも応じています。
既存の中小企業やベンチャー経営の方たちも大歓迎です。

弊社でしたら、起業前というよりも
起業後のお悩みにお応えするという役割です。
例えば
「従業員のモチベーションを上げたい」
「従業員が定着しない」
「従業員の顧客対応力を上げていきたい」
「ちゃんと教育制度を作っていきたい」
「経営者や経営陣が従業員を育成できるようにしたい」
など、お困りの際には、出動いたします!

どうぞお気軽にご相談ください(^^)v

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.gif

2013. 01. 31

懐深く、視野広く、誰かのために、

こんにちは。グロウスカンパニー+の小山です。
久しぶりに、山岡登壇の研修に立ち会いました。

山岡が研修の中でいつも言葉にしている
「懐深く、視野広く」

ロジカルシンキングでも、状況が整理でき腑に落ちる因果関係を明快にするためには
アサーティブでも、発展的協調的コミュニケーションを図るためには、
ダイバーシティでも、多様性を認めそれを最大限に活かしていくためには、
タイムマネジメントでも、仕事の区分け・優先順位づけややるべきことを進めるためには、
などなどと、すべての弊社研修コンテンツにおいて、
場当たり的や行き当たりばったりではうまく運ばないことを軸足としています。

さらに、最近の山岡は
「誰かのために」という言葉を発信していることに気づきました。
大人として仕事をするには、誰かのためになることが必要という意味での言葉です。
誰か・・・お客様・社会・会社・上司・部下・他部署・取引先・家族・未来を担う人たち、などなど。
自分のため、楽しい・やる気になれる・嬉しい・頑張る・・・では、
「懐深く、視野広く」の域には十分達していないとも言っています。

誰か・・・お客様・社会・会社・上司・部下・他部署・取引先・家族・未来を担う人たち、などなど
に喜んでいただいてこそ、成果や評価も伴い、
そしてそれこそが、真の自分のモチベーション、自分のためになるのです。

report03.jpg

2013. 01. 18

トレーニングで思うこと

研修ではなく、ジムでのトレーニングのことです。

ずっと幽霊会員だったジムで、
昨年の春からパーソナルトレーナーの方に
お願いして、鍛えてもらっているのです。

といっても、ストイックな筋トレや
マシーンを駆使してのパワトレをするわけではありません。
とにかく、健康・元気であるように、自力の維持向上のため、
無理なく動かすものばかり。
結構地味です。
なかなか時間がとれずに、2-3週間に一度くらいのペースです。
でも、だからこそ、続けられます。

はじめの3カ月あまりは、食事も診てもらっていました。
自宅でサクッとできるトレーニング方法も教えてくれます。
さらに、スポーツマッサージもしてもらっています。
年末には、50膝?も診てくれました。

続けているおかげで、肩こり・頭痛・腰痛がだいぶ緩和しました。
身近で流行っている風邪をもらうこともなく、
疲れたぁ(-.-)と思うことも、ずいぶん減りました。
タフになってきた気がします。
体重は3キロ、体脂肪率は7%減。

最近は「長友選手の体幹を目指す」と
程遠いイメージ像を豪語して
妄想している私に、
笑顔で応じてくれているトレーナーさん(^^ゞ
いつも本当ににありがとうございますm(__)m

効果につながる実現可能な取り組みって
とっても大事(^^)d

弊社の仕事も、お客様の問題解決のため、
効果と実現を成すことが使命
と創意工夫に常々励んでいます。

今年も、お役に立てるように
最大限の知恵を絞って取り組んでいきます。
よろしくお願いいたします!

DSC_0032.jpg

2013. 01. 06