Z世代から目が離せない!

皆さん、こんにちは。
2018年も半月を経過しました。
 
年始から、若い精鋭を対象にした研修が続いています。
「ミレ二アル世代(1980年前後から2005年頃生まれ)」という言葉は
だいぶスタンダードになってきましたが、
もはや「Z世代(1995〜2010年生まれ)」の第一波とご一緒する機会も増えています。
 
その世代で、誰が身近かな?
と思いを巡らせると、
例えば、りゅうちぇるさん(*^_^*)
 
酷評も賛否両論もあるけれど、
彼には、ブレナイ筋があります。
そして、その筋は、テキトーや思い付きではなく、
ちゃんと俯瞰した根拠に基づいているのです。
 
以前、何気なく観ていたテレビ番組にりゅうちぇるさんが出演していました。
外国人労働者をテーマにした「日本的な職業は日本人がやるべき!」討論セッションで、
坂上忍さん他の大人たちが「賛成」を主張する中、りゅうちぇるさんは一貫して「反対」。
 
「なんかー、普通にここにある中華料理店とかイタリア料理店も全然日本人がやってるしー、
それで普通においしいしー。だから、そういうの(日本的な職業は日本人がやるべきというような考えは)古いと思うー」
と何のためらいもなく、自然にに意見を述べていました。
 
この真っ当さ。
 
もちろん、このテーマにおいて、彼の意見が正論とは言い切れない。
合わせて、彼の言葉遣いや言い回し、はたまたファッションが、
必ずしも通用するものではない。
 
が、「Z世代」には、社会を、未来を拓く、ポテンシャルに満ちているのです!
目が離せません!!

4d208318-a6e1-45c4-becf-d22c124a30af-5.png

2018. 01. 17

1 / 11