これって以心伝心?

こんにちは。スタッフの和田です。
残暑お見舞い申し上げます。
当社スタッフも交互に夏休みをいただき、久しぶりに全員集合です。

全国的に酷暑の連日ですが、幸い夏バテのスタッフはいません。
ただ、ビーチで走り回ってねん挫したという者がおります。
それ以前に、山岡は先週、左手の薬指を靭帯損傷です。

確かに、私たちにとって、山岡の影響力は大きいです。
スタッフ一同、学ぶことや見習うことが多く、さまざまなチャンスももらっています。
それぞれが多忙なため、すれ違うことも多い毎日ですが、
少ないミーティングの機会には、まるで以心伝心のような意見も活発です。
しかし、怪我までとは・・・

ちなみに、靭帯損傷の山岡は相変わらず連日直行で研修に登壇、
ねん挫のスタッフは経理担当なので、お盆明けだから銀行に記帳に行くと足を引きづりつつ外出。

クライアント様に活力をご提供する役割の当社。
怪我はしていても、活力はみなぎっています。
涼しさが少しだけ感じられる写真とともに、どうか変わらぬご愛顧を

2013. 08. 20

新ページアップ「女性が活躍する組織づくり」

こんにちは。スタッフの和田です。

8月に入ったタイミングで、当社ホームページに新ページをアップしました。
前々より、多くのお客様からご要望いただいていた“女性活躍推進”に特化したページです。
http://www.gc-p.com/women.html

当社では、力を入れているコンテンツのひとつで、実績も多数あります。
でも同時に、“女性活躍推進”はあくまでも、ダイバーシティ(多様性を活かす)のごく一部で、
女性たちを覚醒するだけでは、返って歪みや偏りが出るという弊害もよく知っており、
今までは、あえて“女性活躍推進”をアピールせずにいました。

では、なぜ今、“女性活躍推進”に特化したページを設けたのか?
それは、“女性活躍推進”に取り組みむことを試金石として、
先を見据えた経営戦略としてのダイバーシティ(多様性を活かす)を図るクライアント様やご要望が
堅調ながら顕在しつつあるという変化がみられるからです。

“女性活躍推進”と謳い、取り組んだことが、一過性にならないように
関連コンテンツや多角的なコンサルティングと合わせ、クライアント様に貢献していきます!

DSC_0854.jpg

2013. 08. 05

1 / 11