似非タカラモノに要注意

皆さん、こんにちは♪早、6月(@_@;)
今年も、折り返しが近づいています。
もう折り返しなのか、まだ折り返しなのか、
その捉え方次第で、チャンスが創出できるか、未来が開けるか、違いがでるものです。
もちろん私は、後者でまいります(^^ゞ
 
ここ最近、
あちらこちらの企業の経営層や会社ぐるみ、
おそらく大きな組織であろうカードの不正引き出し、
どこかの知事さんまで、
なんとも腹立たしく情けない事件・不祥事が目立ちます。
 
その人たちにも、
家族、仕事、健康、財産、名誉…
もっとも大切で譲れないタカラモノがあるでしょうに。
事件や不祥事を起こす、または関わるということは、
それをすべて失うということになるのに。
 
タカラモノも“自分目線”に偏っては、単なるエゴや見栄になるのです。
タカラモノであれば、感謝や愛情や尊敬の思いが込められているはずなのに、
それが次第に“自分目線”つまりエゴや見栄に陥ることもあるのです。
それは、すなわち似非タカラモノ((+_+))
 
似非タカラモノに甘んじている方はいませんか?
気を付けたいですね〜(・。・;
 
※写真は、末娘がタカラモノを咥えているワンショット♪

11051776_896665970417689_2270081428998684463_n.jpg

2016. 06. 02

1 / 11