ゆく年くる年

今日は大晦日。
弊社は27日に仕事納めをしましたが、
私は今日も出社し、1月納期のサーベイデータをまとめています。
でも、それもオオヤマを超えたので、私も仕事納めをします。

「ゆく年」
この仕事を始めて25年、独立して10年、
あらゆるコンテンツに対応できる総合力が身に付き、それらを駆使し
今年は、過去最多のコンサル・研修のご提供をしてまいりました。
新たな課題もいただき、領域拡大も進めてまいりました。
これも、たくさんのご縁と応援の元、感謝の一言ではお伝えしきれない有難味を
感じています。

「くる年」
過去最多、新たな課題、領域拡大から、
本当の弊社らしさを絞りだし、特化していく機会と考えています。
なんでもできるということは、強みがないということでもあります。
もちろん、その強みが自己満足では意味がありません。
社会に如何に役立つものなのか、クライアント様に如何に貢献できるものなのか、
それに向けて、いい意味で、そぎ落としていきます。
その明確化と具現化を図ります。

というと、まずはそのワーカーホリック度を下げることから始めれば
そぎ落とせると言われそうですね^^;
その通り!仕事を外すという概念も取り入れるつもりでいます。

今年1年のすべてに感謝をこめて“ありがとうございました!”
来年も、ますます清々しく輝きある1年になりますように“よろしくお願い
いたします!”

GC+S.png

2013. 12. 31

初!出版記念パーティ開催

こんにちは。スタッフの和田です。

当社代表山岡仁美の4冊目の著書「新時代で勝ち抜くダイバーシティ-多様性を活かし
て組織力アップ-」
が昨日納品されました。
年内から年始にかけて、皆様のお近くの書店にも並ぶ予定です。
もちろん、アマゾンからも購入できます。

そして、
山岡仁美、人生初の出版記念パーティを開催する運びとなりました。
12月31日までの参加申し込みの方には、お得な早割が適用になります!
↓↓↓
———————————————————-
山岡仁美著「ダイバーシティで新時代を勝ち抜く-多様性を活かして組織力アップ-」
☆4冊目にして初の出版パーティ開催決定!☆

【日時】2014年2月7日(金)19時30分〜21時30分(受付19時〜)

【場所】カフェ・サルバドル丸の内店
千代田区丸の内3-2-3富士ビル1F TEL 03-5220-6466
丸の内仲通り沿い、丸の内イルミネーション2013が目の前です☆彡

http://www.cafecompany.co.jp/brands/salvador/marunouchi/index.html

【会費】4000円※早割あり!12月31日までのお申し込みは3000円
※お申込みの方に、お支払方法をご連絡いたします

【参加お申し込み】当社お問い合わせページの内容欄に
「2月7日・出版パーティ参加」と「参加人数」を記し送信をお願いします
http://www.gc-p.com/inquiry.html
———————————————————-
↑↑↑
パーティの主役は参加者の皆さまです!
名刺交換はもとより、自己PR・情報交換・ビジネスチャンスの機会としてもお楽しみ
いただきたいです。

当社で、力を入れているダイバーシティ推進をテーマにした書籍がいよいよ刊行。
でも山岡はまだまだ言い足りない(書き足りない)様子です。
続きや深い話が聞きたい方は、どうぞパーティの席でガンガン山岡にお訊ねください
(^^ゞ

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.jpg

2013. 12. 20

事前準備と緊張感

こんにちは。
約1か月ぶりのブログです。

ここ数日、研修で伺ったクライアント様との雑談で
なぜか立て続けに聞かれた言葉
「どうしたら山岡さんのように堂々と人前で話せるのですか?」

果たして堂々かどうかは、あやしいものですが、
私はいつも、2点を心がけています。極めてシンプルです。

まずは、しっかりとした事前準備。
それにより、「大丈夫!準備万端!できる!」と自信という好マジックにかかれるも
のです。

そしてもうひとつは、緊張感を味方につけるということ。
緊張感というのは、受講者さんやクライアント様が何を達成することがゴールなのかと
自分はそれに向けてどのような役割を果たす使命なのか
を明快にすることで味方になるものです。
それにより、ブレたり右往左往することがなくなります。

ただし、事前準備に縛られすぎないこと!
緊張感を味方にすることで陶酔しないこと!

まさに今、事前準備をして臨んだコンテンツに
緊張感を味方にしながら、ワークセッションの進行中です\(^o^)/
この後の、受講者さんたちの発表&コメントが楽しみです。

そして、今日は終了後に、帯同しているスタッフから
私のファシリテートとハンドリングについて、客観的なフィードバックをもらいます。
それも、とても楽しみ!
それを受けて、次の事前準備と緊張感へとステップアップするのです(^_-)-☆

GC+.png

2013. 12. 17

1 / 11