2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  

Yahoo!ニュースに掲載されています-22

皆さん、こんにちは。
スタッフの和田です。
 
山岡の記事がYahoo!ニュースに掲載されています。
 
ちょうど、直近のブログで
山岡が、タレントのりゅうちぇるについて書いていました。
りゅうちぇると言えば、Z世代。
Yahoo!ニュースに取り上げられるのみ
お馴染みになってきましたが、
しばし、Z世代を取り上げる記事になりそうです。
 
「押し寄せるZ世代の波(1)」yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180118-00010000-alterna-soci
SB-J
http://www.sustainablebrands.jp/article/sbjeye/detail/1189670_1535.html
オルタナオンラインhttp://www.alterna.co.jp/23478

FB_IMG_1448163418512.jpg

2018. 01. 19

Z世代から目が離せない!

皆さん、こんにちは。
2018年も半月を経過しました。
 
年始から、若い精鋭を対象にした研修が続いています。
「ミレ二アル世代(1980年前後から2005年頃生まれ)」という言葉は
だいぶスタンダードになってきましたが、
もはや「Z世代(1995〜2010年生まれ)」の第一波とご一緒する機会も増えています。
 
その世代で、誰が身近かな?
と思いを巡らせると、
例えば、りゅうちぇるさん(*^_^*)
 
酷評も賛否両論もあるけれど、
彼には、ブレナイ筋があります。
そして、その筋は、テキトーや思い付きではなく、
ちゃんと俯瞰した根拠に基づいているのです。
 
以前、何気なく観ていたテレビ番組にりゅうちぇるさんが出演していました。
外国人労働者をテーマにした「日本的な職業は日本人がやるべき!」討論セッションで、
坂上忍さん他の大人たちが「賛成」を主張する中、りゅうちぇるさんは一貫して「反対」。
 
「なんかー、普通にここにある中華料理店とかイタリア料理店も全然日本人がやってるしー、
それで普通においしいしー。だから、そういうの(日本的な職業は日本人がやるべきというような考えは)古いと思うー」
と何のためらいもなく、自然にに意見を述べていました。
 
この真っ当さ。
 
もちろん、このテーマにおいて、彼の意見が正論とは言い切れない。
合わせて、彼の言葉遣いや言い回し、はたまたファッションが、
必ずしも通用するものではない。
 
が、「Z世代」には、社会を、未来を拓く、ポテンシャルに満ちているのです!
目が離せません!!

4d208318-a6e1-45c4-becf-d22c124a30af-5.png

2018. 01. 17

Yahoo!ニュースに掲載されています-21

皆さん、こんにちは。山岡です。今回は、スタッフが皆、休暇に入っているので、自分でブログアップ^^;
 
年末迫るこのタイミングに、恒例のYahoo!ニュース掲載です。ここ数回、弊社の「働き方改革」エピソードを連載してきましたが、
来年からは、テーマを変えようかな…と画策中です。
来年もよろしくお願いいたします。
yahoo!ニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171226-00010002-alterna-sociオルタナオンラインhttp://www.alterna.co.jp/23352SB-Jhttp://www.alterna.co.jp/23352
※写真はイメージ

16584967_390909944590019_4136391365355372544_n.jpg

2017. 12. 27

Re:無償の愛の人

皆さん、今年も僅かになりましたね。
1ヶ月ぶり?の山岡です。

昨日、スタッフがアップしてくれたブログ「無償の愛の人」

ん~、実はそれには、
重ーく深ーい問題が潜在しているのです。

確かに、私は、
みんなのため、人のため、何ができるか、
思いっきりヤル方。

損得なんて考えず、
たとえ、自分が疲弊しようともお構い無しです。

でもそれは、
“その人が、愛情を注ぐ機会を奪ってしまうこと”なのだと、
敬愛する後輩経営者さんから忠告されたことがあります。

言い換えれば、
その人らしさや自立心を削いでしまうということです。

愛情を与えられ続けると、
それに慣れ居心地もよく、
やがて甘んじ、本来のその人の力が発揮できない
なんて、大問題です。

「無償の愛の人」といえば、聞こえはいいかもしれませんが、
ひょっとしすると、愛情を注ぐ自分に陶酔しているのか?
自分が疲弊する可能性も含めて、
あくまでも自分を主役にしたいのか?
と、探究すれば、本当に重く深い。

ましてや、人財育成・組織改革を生業とする立場にとって、
深刻な課題なのです。

だから、来年は、来年こそは、
関与の仕方をちゃんと考えます。
もっと大人になります!

※写真は、正真正銘の無償の愛の姿、母犬のたまと娘犬ののん。

BeautyPlus_20171226110618_save.jpg

2017. 12. 26

無償の愛の人

皆さん、メリークリスマス♪
も、そろそろ終わりが近づき、新しい歳が迫っていますね。
お久しぶりのスタッフ小山です。

今日は、弊社の仕事納めでした。
同時に、毎年恒例のファミリーデーです。

仕事は、実質午前中に済ませ、
午後には、私たちスタッフの家族を招いて、
楽しいひとときと美味しい食事。
午後4時には解散という流れです。

一般的な企業様よりも
早目の休暇を迎えられ、
しかも、クリスマス当日は、
家族とともに早く帰れる、
山岡からの私たちへの
ありがたい労いのひとつです。

ファミリーデー中の山岡のサービス精神にも感服します。
まず、スタッフ全員がコスプレ(笑)
中でも、山岡のクオリティが高いのです(汗)
子どもたちとの会話もグイグイ入り込み、
「みんなー、ポケモンツリー見に行こう!」などと、
もう、子どもたちには大人気です。

山岡は、とても厳しい、鋭い、強い、ときに怖い程。
一方で、温かく、穏やかで、屈託ない。
その根底には、いつも深い愛があります。
しかも、何の見返りも求めない「無償の愛」です。

クライアント様、アソシエイトの皆さん、
友人知人、家族、私たちスタッフに、
惜しみなく注ぐ愛に溢れています。

いつなんどきも折れない意志力。
困ったとき、この上なく頼もしい判断力。
何かの節目のときに魅せるサプライズ力。
どんなことも前向きに楽しむ適応力。

私は、山岡のような人を見たことはありませんでした。
山岡を見て「無償の愛」とはこういうことなのだと、
初めて学んだのです。

その「無償の愛」に触発されて、
今年1年も前進してきました。

来年も佳き年になりますように。
そして、皆さまにますますご多幸が訪れますように。

※写真は今日の山岡(NARUTOのさくらちゃんに扮しています)
BeautyPlus_20171225131213_save

2017. 12. 25

1 / 2612345...1020...最後 »