Valentineにチョコレートの真実を

Happy Valentine!

だからこそ、チョコレートの真実を知っておきたい。

いえ、知らずにいるのは、あまりにも無責任。

 

誰かの何かの犠牲の元に成り立つモノは選びたくない。

皆さんがチョコレートを買うとき、選ぶときは、いかがですか?

 

例えば、私だったら…
DIVINE Chocolate

www.divinechocolate.com

BELVAS

www.chocolaterie-belvas.be

Chocolet Stella

www.swisschocolate.ch

People Tree

https://search.peopletree.co.jp/?path=116%E9%A3%9F%E5%93%81:004%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88&_ga=2.206973979.988745798.1613203845-1157191911.1583396351

など(^_^)

また、年に一度のValentineだからこそ、

キャロル・オフ著「チョコレートの真実」を

あらためて読んでみたりするのはいかがでしょうか。
以下、著書紹介文より。

(↓お買い求めはこちら↓)

http://acejapan.ocnk.net/product/293

 

カカオ農園で働く子供たちは、チョコレートを知らない。

世界最大のカカオ豆の輸出国、コートジボワール。

密林奥深くの村を訪れたカナダ人ジャーナリストのキャロル・オフは、カカオ農園で働く子供たちに出会う。

子供たちは自分たちが育てた豆から何が作られるのかを知らない。

自分に課された過酷な労働が、先進国の人々が愛するお菓子であることも、

チョコレートが何なのかさえも――。

マヤ・アステカの時代に始まるチョコレートの魅惑の歴史。

そのなかで生まれ、今なお続いている、過酷な「児童労働」の実態と、

巨大企業や政府の腐敗。

その背景にある貧困と民族間対立。

そして私たち先進国の消費者の行動は、この問題にどう関わっているのか?・・・

 

ともあれ、皆さん、
愛あるValentineをお過ごしください♡

o1080108014699734438

2021. 02. 14

1 / 11